えすぺらんさとは

えすぺらんさとは?

スペイン語で、「希望」「夢」の意味。ラテン人は家族や友人をとっても大切にし、お金がなくても、精一杯今を楽しみ、希望や夢を抱いて瞳を輝かせて楽しく生活しています。
ただなんとなく、目的を持たずに学校に行っている生徒が多いといわれている昨今、我々、えすぺらんさのスタッフは、子どもたちが夢や目標を持つことができれば、自ら考えて積極的にいろんなことを始めることができると確信しています。
本学舎えすぺらんさは、中高生を中心に、さまざまな事情で学校に行かない選択をした人、引きこもった人を対象に、彼らに居場所を提供し、その中でいろいろな体験活動を通して、社会適応力を育み、人間の生きる喜びを体験できる温かい教育空間です。
中学生はそれぞれの在籍校と連携し、出席を認めてもらったり、授業の進め方・試験の受け方など、本人の意向に沿うよう、ご家庭・在籍校とも相談したりしながら、教科学習にも取り組みます。
高等学校卒業資格を取得したい人に関しては、通信制高校に同時入学していただき、そこを卒業できるように、さまざまなサポートを行います。
例えば、レポート提出のための授業や、スクーリングへの出席指導、テスト対策、生活指導等、従来の高等学校とは違い、生徒一人ひとりの個性や学力、適性に合わせたきめ細かい指導を少人数教育で行います。
そして、勉強だけではなく、幅広い視野を身につけるための様々な活動を実施し、自分の夢探しとその実現のために力をつけてもらいます。
また、時間割に沿った生活に入る前段階の居場所としてフリースペースを開設し、小学生も受け入れています。

e1df2b74700644e4ecc529fb7120f4001

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

えすぺらんさの特徴

  1. 1.生徒の意見を尊重し、生徒と一緒に学ぶ教育

えすぺらんさでは、生徒一人ひとりの意見や考え方を尊重し、勉強でも生活面でも、お互いが成長できるような教育を目指します。

  1. 2.少人数による温かな指導

えすぺらんさでは生徒とスタッフがマンツーマンに近い形で授業を行うアットホームな教育を目指しています。

  1. 3.自主性を大切にするから、のびのび学べます

えすぺらんさが最も大切にするもの、それは生徒の自主性です。いろいろなことに積極的にチャレンジし、学校生活を楽しく有意義にすることが教育の基本であると考えています。生徒企画としてのアクティビティーの内容、楽しいランチクッキングDayはメニュー決めから、どのように作り上げるかまでみんなで考えてもらいます。基本的なルールだけをしっかり守り、大いに自主性を発揮してください。皆さんに期待しています!

  1. 4.一人ひとりに合わせた個人指導だから安心

少人数クラス編成のメリットのひとつに、個人指導があります。例えば、数学が分からない、英語が分からないといって不安になる必要は全くありません。一人ひとりの学習の進み具合に応じた指導により、納得のいく学校生活を送ることができます。

施設紹介画像

設立趣旨

日本は戦後の高度経済成長を経て、世界有数の経済大国としての地位を確立しております。経済的に豊かな日本においては、教育制度も整い、基礎教育及び高等教育の充実により、将来を担う若者は幅広い教育の機会を与えられている。しかしながら、画一的な教育、学力第一主義や社会的圧力などにより、感受性の強い若者は心の豊かさを持ちながら、それを開花させる環境に恵まれず、近年、中高生の不登校や引きこもりなどが大きな社会問題になっている。その要因の一つとして、悩みを相談する機会が少ないことや、フリースクールなどの該当児童・生徒を受け入れる機関が少ないことが考えられる。私たちは、教育相談事業やフリースクール事業を行うことで、「自分らしさ」を発揮できる場を提供し、行き場を失い、自己嫌悪に陥っている若者たちの元気を取り戻し、将来の日本に夢を抱けるよう、若者の自主性を育てる教育環境の確保をしていきたいと考えます。
そのためには、不登校の児童・生徒及びその家族との信頼関係が最重要であり、さらに、事業を継続的に実施していく必要性があると考え、ここに、特定非営利活動法人 箱崎自由学舎 ESPERANZA(えすぺらんさ) を設立しようと考えました。
「不登校」や「学力不足」で悩んで進学を諦めようとしている人、ESPERANZA(えすぺらんさ)で新しいスタートをきってみませんか?
いろんな面であなたをサポートし、「生きること」「学ぶこと」の素晴らしさを体験できるよ。
つまり、勉強だけでなく、人間の生きる喜びをさまざまな体験を通して学べる場、
それが、ESPERANZA(えすぺらんさ)です。

小学生も対象のフリースペース

フリースペースチラシ1

フリースペースチラシ2