今日のひとこと

ピーター・ファーディナンド・ドラッカーをご存知でしょうか

オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人経営学者。「現代経営学」あるいは「マネジメント」 の発明者。 他人からは未来学者と呼ばれたこともあったが、自分では「社会生態学者」を名乗った。  ウィキペディア より

 

そのドラッカーの著書に、このところ私が考えていたことのヒントがあり、みなさんにも

 

「優先順位の決定には、いくつかの重要な原則がある。

すべて分析ではなく勇気にかかわるものである。

第一に、過去ではなく未来を選ぶ。

第二に、問題ではなく機会に焦点を合わせる。

第三に、時流に乗るのではなく独自性をもつ。

第四に、無難で容易なものではなく、変革をもたらすものを選ぶ。」

 

前半の2つは、意識的にそうしようと考えて動いていけばある程度、実行できる、実現できることのように思います。

しかし、後半の2つは、意識して行動しても、できるかどうか、あまり実現可能性が高くないことかもしれません。

たぶん、だから優先順位の決定は勇気にかかわることなのでしょう。 簡単にできそうなことであれば、勇気は必要がないですから。

優先順位を決めるのは、最終的には勇気なのだということです。

選ぶ、決める。これは、勇気なのですよね。

 

というコメントもあり、選ぶ、決める。これは、勇気 というのが印象に残り、

 

こっちブログでも、やっぱり、自分ってことかとの結論に至ったでした。。。

 

えすぺらんさ K