音読作品のご紹介♪

このところ、秋がかけ足でやってきたようで

みなさま、気温の変化に体調崩されていませんか

 

さて、えすぺらんさでは、今期中学生対象の、音読でウニヒピリという本を読んでいます。

 

ダウンロード

 

ハワイ少数民族に伝承される、問題解決法 ――ホ・オポノポノ――
これを、ハワイ伝統医療のスペシャリストであり、 「ハワイの人間州宝」(1983)である、故モーナ・ナラマク・シメオナ女史が、 現代社会で活用できるようアレンジしたのが 「セルフアイデンティティ ホ・オポノポノ(SITH)」です。
ハワイ語で、「ホ・オポノポノ」の「ホ・オ」は「目標」を、「ポノポノ」は「完璧」を意味します。すなわち、ホ・オポノポノとは、完璧を目標として「修正すること」「誤りを正すこと」という意味になります。

 

 

また、

 

 

ホ・オポノポノでは潜在意識のことをウニヒピリと呼んでいます。
ウニヒピリとは、従来の潜在意識(インナーチャイルド)の定義となっている個人の幼少期のトラウマ的な記憶だけではなく、地球の誕生から現在まで、陸・海・空に存在するすべての動植物を含む生命体から鉄のような無機物までが体験した、すべての記憶が保管されているところを指します。
ウニヒピリは、あなたのなかに必ず存在し、いつでもあなたからの愛を待っています。

 

 

何コレ、と思われる方も多い内容だと思いますし、読んでる生徒たちもなかなか飲み込めていないようでもありますが、

 

 

私たちの周りで起きる出来事、問題の原因は、すべてこのウニヒピリが見せる過去の記憶にすぎないのです・・・
過去の記憶のすべてをクリーニングしてゼロになった状態が「本当のあなた」なのです。

クリーニングツールの一つである“四つの言葉”をただ言うことで次へのプロセスが起こります。

 

 

と、更に何コレかもしれませんが、今自分の目の前で起きる全てのことが自分に関係していて、それを解決するためにはこの“四つの言葉”を言うことから。。。

 

 

ありがとう

ごめんなさい

ゆるしてください

愛しています

 

 

さて、この不思議な話。

実践してみると何か変化があるかもしれません

やるも流すもあなた次第

ご興味のある方は、関連本もいろいろあるようです

実践中とおっしゃる方がいらっしゃればお話お伺いしたいです

 

えすぺらんさ K